ホーム > つれづれ日記 | 家造りの仕事 | 豆知識 > 高気密高断熱と夏の過ごし方

高気密高断熱と夏の過ごし方

こんにちは。梅雨時と言えど、もう夏になってしまったような気候ですね。

これからの時期、高い湿度に不快な生活になってしまう中、新築したお住まい

での、ちょっとした快適テクニックをお伝えできればと思います。

さて、NAPの家では皆さんのご要望で断熱材もお選びしていただけます。

そんな中で、今回は吹付断熱材を施工し高気密・高断熱化したお住まいでの

テクニックをお伝えできればと思います。

実は我が家も吹付断熱で高気密・高断熱の家ですので、実践して体感できる

くらいの差があった方法です。

1458353198878

↑我が家の施工中の写真です。吹付断熱の終わった所です。

 

まずは日中のカーテンなど。この時期は日中は必ず南の窓と西の窓は閉めます。

できればできるだけ密閉できるように。我が家はカーテンを大きめのクリップで

窓枠に固定しています。

そうすることで、窓から入ってくる熱をカーテンとの間に閉じ込めます。

夕方涼しくなってきた頃に窓を開け、熱を逃がすようにしています。

これだけで大分熱の入ってくる量を抑えることができます。

 

次に、窓を開けるタイミングです。

窓は外が涼しくても湿度の高い日は開けません。

高気密化していることで、その時の湿気が家の中にたまってしまい、次に

暑くなった日に家の中が蒸し暑くなってしまうからです。

湿度の高い日は少しエアコンを除湿で動かし、湿度が下がったら冷房に。

この使い方をすることで光熱費もさほど高くなく済み、家の中の湿度が上がらず

に済みます。気温が多少高くても湿度が高くなければ意外と無理なく過ごせます。

 

長文になりましたので、一旦ここまで。

次回は本格的な夏が到来した時のポイントをお伝えしますね!

それではっ。

ホーム > つれづれ日記 | 家造りの仕事 | 豆知識 > 高気密高断熱と夏の過ごし方

検索
フィード

ページの上部に戻る