ホーム > 豆知識

豆知識のアーカイブ

高気密高断熱と夏の過ごし方

こんにちは。梅雨時と言えど、もう夏になってしまったような気候ですね。

これからの時期、高い湿度に不快な生活になってしまう中、新築したお住まい

での、ちょっとした快適テクニックをお伝えできればと思います。

さて、NAPの家では皆さんのご要望で断熱材もお選びしていただけます。

そんな中で、今回は吹付断熱材を施工し高気密・高断熱化したお住まいでの

テクニックをお伝えできればと思います。

実は我が家も吹付断熱で高気密・高断熱の家ですので、実践して体感できる

くらいの差があった方法です。

1458353198878

↑我が家の施工中の写真です。吹付断熱の終わった所です。

 

まずは日中のカーテンなど。この時期は日中は必ず南の窓と西の窓は閉めます。

できればできるだけ密閉できるように。我が家はカーテンを大きめのクリップで

窓枠に固定しています。

そうすることで、窓から入ってくる熱をカーテンとの間に閉じ込めます。

夕方涼しくなってきた頃に窓を開け、熱を逃がすようにしています。

これだけで大分熱の入ってくる量を抑えることができます。

 

次に、窓を開けるタイミングです。

窓は外が涼しくても湿度の高い日は開けません。

高気密化していることで、その時の湿気が家の中にたまってしまい、次に

暑くなった日に家の中が蒸し暑くなってしまうからです。

湿度の高い日は少しエアコンを除湿で動かし、湿度が下がったら冷房に。

この使い方をすることで光熱費もさほど高くなく済み、家の中の湿度が上がらず

に済みます。気温が多少高くても湿度が高くなければ意外と無理なく過ごせます。

 

長文になりましたので、一旦ここまで。

次回は本格的な夏が到来した時のポイントをお伝えしますね!

それではっ。

まさに マシュマロ!

  • 投稿者: t_i
  • 2017年1月16日 20:39
  • 豆知識

マシュマロ断熱

0

ごめんなさい 吹き付け工事中は中に入れないのでフォームライトのHPからになります

IMG_6736

こちらが施工後の写真になります。

凄い迫力と断熱材の安心感がすごいです。

実際にお客様の感想では

「 冬でもあまり寒くない 」・・・とか、 「 エアコンがよく聞く 」 「 エアコン一台で家中暖かい 」 などなど・・・・
驚くほどお客様からのコメントが良くてビックリ! 

そんな断熱材もNAPでは他の仕様も もちろんご用意してお客様の細かなご要望にご対応していますよ。

あと、  
モデルハウスで吹き付け断熱の実演もやっておりますのでお越しの際にはスタッグにお声がけ下さい。

鎮物

  • 投稿者: a_y
  • 2016年10月18日 18:38
  • 豆知識

今回は、なかなか見る機会がないものを紹介します。

本日、ある物件で基礎工事が始まり、地鎮祭時にお施主様からお預かりした鎮物を埋めてきました。

img_5176img_5179

いつも疑問に思っていましたが、中に何が入っているのだろう?

まさか開封することはできないので調べてみました。

検索情報によると中には、

七種で一組。鉄人像、鉄鏡、鉄長刀子、鉄小刀子、鉄矛、鉄盾、鉄玉

が入ってるようで、土地の神様に対する貢物の意味で古墳時代から続くもののようです。

エアコンのつけっぱなし

  • 投稿者: k_t
  • 2016年8月10日 21:03
  • 豆知識

エアコンのつけっぱなしは本当に電気代が抑えられるのでしょうか?

エアコンは、どんな場合でもつけっぱなしにしたほうが良いというわけではないです。

エアコンのつけっぱなしで電気代を節約できるのは、

①ちょっと出かける場合

ちょっと買い物に出かける。子供の送り迎えに行く。といったように30分くらい家をあける場合などは、

つけっぱなしにしたほうが、電気代を安く抑えられる場合が多いです。

②外気温と設定温度の差が大きい場合

エアコンは室内温度を設定温度にするまでの間、一番電気代がかかります。

外気温と設定温度の差が大きいほど、エアコンを一度消してしまって、

再度つける時にかかる電気代は高くなります。

だから、夏の暑い日中ほど、エアコンをこまめにオンオフせず、

つけっぱなしにしておいたほうが、効果的に節約できるという事になります。

 

ホーム > 豆知識

検索
フィード

ページの上部に戻る