ホーム > アーカイブ > 2011年2月のアーカイブ

2011年2月のアーカイブ

上棟 構造金物材

今回は在来工法のおける上棟時に取り付ける構造用金物を、弊社現場の写真でご紹介致します。

鋼製束  床下支持部材

プレート  柱と梁や土台桁などの止め金具

筋交いプレート  筋交いと構造材の接合補強金具

ホールダウン  柱と基礎を緊結し、柱の引き抜け防止金物

羽子板ボルト  横架材(梁など)と柱の接合及び横架材と横架材の接合等に使用

ひねり金物、くら金物  屋根垂木の煽り止め

火打ち  梁や胴差の水平のねじれを防ぎます

(備考)1,2階床は剛床工法(24mmの構造用合板を張り付け)のため、火打ちはありません。

なので、小屋裏には鋼製火打ちを入れています。

火打ち梁の三角の内には、梁の継ぎ手を設けない施工が大事です。

以上のように、適材適所の金物が定められ、使用することで、より確かな住まいを実現いたします。

現在の在来工法の建築は、たくさんの構造金物を使用し耐震性を高めています。

ホーム > アーカイブ > 2011年2月のアーカイブ

検索
フィード

ページの上部に戻る