ホーム > アーカイブ > 2011年9月のアーカイブ

2011年9月のアーカイブ

太陽光発電

最近、注目されている太陽光発電。導入・設置を検討されている方も多いのではないでしょうか?

私もその1人で先日、自宅の屋根に後付けで設置しました。

導入のきっかけは、以前より興味はあったのですが、

余剰売電価格が現在42円で来年以降下がっていくことで、

早く付けた方がと思い、思いきって購入を決めました。

投資効果がどうか?ということは設置したばかりで、まだ分からないのですが、

日々どれだけの「電気料金を節約できたか」と感じています。

今回は、電気料金は売電料など紹介できないので、

太陽光発電システムを設置するための工事手順を簡単に説明致します。

 

1.工事には大きく分けると太陽光モジュールなどの機器を取り付ける機器設置工事と、

取り付けた機器の電気配線を行う電気配線工事があります。(容量にもよりますが我家は3日かかりました)

2.余った電力を電力会社は売り、不足した電力を電力会社から買えるよう、

電力会社と「電力受給契約」を行います。

3.余剰売電メーター取付(契約電力会社)

4.設置業者の立ち会いのもと、太陽光発電システムが正常に運転しているのか確認します

(連系立ち会い)。

5.電力会社との契約が終わり、太陽光発電の運転を開始。

6.発電モニターで我が家の太陽光発電所がどれぐらい発電しているのか見ることができます。

最後に、新築でご検討されているかたは是非、新築時に設置した方が良いと思います。

なぜなら後からですと電気配管などが露出になりますし、太陽光パネル設置時、

屋根材を一部とる必要があります。

新築時ならこれらを屋根工事、外壁工事前に一緒にできるからです。参考になりましたか?

次回は電気料金の紹介をしてみたいと思います。

電気自動車

もう車もガソリンじゃなく、電気で走る時代になりました。

これからご家庭にも1台は、電気自動車をもたれるのではないでしょうか?

電気自動車は、ガソリンに比べて、4分の1の費用で済みます。

充電においても、家庭で100Vまたは200Vのコンセントがあれば充電可能です。

遠方は不向きですが、近くであれば断然お得です。

もしそうなれば、住宅の新築の際には、駐車場に充電用コンセントを

プランに入れておくのも1つの案でしょう。

まだ、お客様から電気自動車用の充電コンセントの依頼はありません。

電気自動車用の充電コンセントの依頼の第1号のお客様がいつになるのか

楽しみです。

細かな変化が大きな差に

 

今年も辛い時期がやってきました。

といっても1ヵ月半経過し残り1ヵ月を切っているんですけどね。

何かというと去年不合格になった1級建築士の実技試験です。

ご存知の方もお見えになるかもしれませんが、一昨年より学科合格後3回受験のチャンスがあります。

今回で2回目です。不合格になると崖っぷちです。

  

6時間半でプランニングから作図と文章問題とで内容は盛りだくさん。

昨年は時間内で書けるようになるのが試験間近で、完成させるのに精いっぱいでした。

そんなこともあり、見直しもろくにできず小さなミスがかさなり一歩及ばず敗退。

(かなり大きな一歩ですが)

今年こそはと思い、少し早めに勉強しだし、毎日こつこつと少しの時間でもやるように心がけてます。

(たまに心掛けだけで睡魔に負けますが・・・)

その甲斐があり、残り20日で時間内に何とかできるようになってきました。

毎日少しでもやるとやり始めはわからないけど、気づいた時には大きな違いになっています。

周囲からのプレッシャーのおかげで変化することができます。

(自分の意志では弱すぎですぐに横道にそれてしまうので)

当たり前のことですがなかなかまっすぐゴールに向かって進めないものです。

プレッシャーがかかり始めて変われるのかもしれません。

あまり偉そうなことを言って結果が付いてこないと散々なのでこの辺で終わりにしたいと思います。

人生は常に勉強らしいです。

一番嫌いなことが常にとは大変ですが、楽しむためにもとりあえずあと少しがんばります。

「私の理想の家」

日々お打合せをする中で、たまに、お客様と、「Nさんはどんな家を建てますか」という話題になります。

私の家。。。私が家を建てる?!

今の段階では全く夢のような話しですが、今日は、少し想像してみようと思います・・・☆ 

まず、真っ先に思いつくのは、マーガレットハウエルの「家」にでてくるお家。

著者はデザイナーのマーガレットハウエルだと思います、

自邸を紹介してる本があるんですが、ものすごい素敵です。 

「リネンは絶対白がいいと思うの」とか、

「バスルームにはグリーンを飾る」とか、

本にでてくるちょっとした写真やインテリアテイストも、ぐっと心をつかんで離さないものがあります♥

でも60年代の映画に出てくるクラシカルなインテリアも、

MOMAの世界も、またフランスの田舎風とかも大好きです。

 夢は広がるばかり。。。家づくりは本当に奥が深いですね!

まだまだ知識も経験も未熟な私ですが、これからもお客様の家づくりに携わらせて頂く事で、

ご満足して頂ける提案ができればと思います。

 あと、最後に、関係ないんですが、、、 

がんばれなでしこJAPAN!!  ・ ・ ・ 和風の家もいいですよね☆

ホーム > アーカイブ > 2011年9月のアーカイブ

検索
フィード

ページの上部に戻る