ホーム > アーカイブ > 2016年1月のアーカイブ

2016年1月のアーカイブ

社員の家

NAP社員の家がついに完成致しました。

現場担当の私としましては、社員の家ということで他のお客様と同じように

一生懸命に現場を担当させて頂きました。

自分では、満足のいく出来栄えだと思いますが、施主本人にはまだ確認していません。

やはり、お客様に満足して頂けることが、現場監督として一番うれしい事です。

住宅会社の社員さんの家って、どんな家なんだろうと思っている方、

ご連絡いただければ、施主本人がご案内させて頂きますので、

この機会をお見逃しなく!

IMG_5299

 

西高東低

駐車場に止めていた車の日陰に沿って雪が残っていました。

20160125_120117

 

 

 

 

 

 

 

 

日当たりの重要さを改めて実感です。

 

常日頃、私たちは建物の計画に際には近隣からの影響も十分に考慮し、環境にあったものをお客様と共に考えご提案させて頂いております。

お土地を探されてますお客様にも環境や生活スタイルなどに沿った「 土地探しセミナー 」を行い、

土地に合わせた採光の取り方などもお話しさせて頂いております。

 

「 日当たりのよくない土地なんだけど・・・ 」 とお考えのお客様、

是非一度弊社スタッフまでご相談下さい。

 

きっと、フルオーダー住宅ならではのご提案をさせて頂きますよ。

 

 

 

雪止め金具

  • 投稿者: a_y
  • 2016年1月22日 18:01
  • 未分類

急に寒い日が続きますが、先日の雪は大丈夫でしたでしょうか?

昨年の11月頃、完成して引き渡したお施主様よりに雪止め金具の取り付けの依頼があり工事をしました。

弊社の屋根材はガルバリウム鋼板吹きが大半で去年の降雪時に積雪後、まとまって雪が落ちるとのことで

雪止め金具を取り付けました。

IMG_5052雪止め写真イメージ

 

 

 

 

 

 

本日、アフター点検でお施主様宅へ訪問し、先日の雪の時どうだったか尋ねたところ、ちゃんと雪が止まって

いたそうです。追加でつけてよかったと言ってもらえました。

 

 

快適空調

  • 投稿者: y_n
  • 2016年1月18日 18:10
  • 豆知識

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

今年は、ずうっと暖冬で、過ごしやすかったですが、

ようやく、寒くなってきました。

家計にとっては暖房費が気になる季節です。

従来の日本家屋では気密性断熱性が低く、家中を暖める「暖房」

という考え方よりは、直接、暖をとる「採暖」という考えが

普通でした。そのため、家の中でかなりの温度差があるのが当たり前でした。

そのため、暖かい部屋から、廊下、お風呂など寒いところに行くと

急な温度変化により血圧が上がる「ヒートショック」が起き、脳卒中など

を引き起こす事がありました。

 

現在 私たちがおつくりしている住宅は平成25年省エネルギー基準のたいへん

断熱性の高く、省エネ性の高い高性能住宅です。

皆さんにおすすめしたいのが、家全体の温度差を少なくする暖房です。

エアコンでしたら、一度温度が下がって、上げるのに一番電力を消費します

ので抑え気味の温度で、家中暖房できる温度差ができないような連続運転が

おすすめです。冷暖房しているかどうかわからないのが空調の理想です。

家全体の空調は「もったいない」と思われる方がいるかもしれませんが

家中快適な温度の安全な環境にすることが可能で、しかも省エネルギー性に

優れているのが現代の住宅なのです。

寒さ、暑さも怖くないですね。

 

 

 

 

 

ホーム > アーカイブ > 2016年1月のアーカイブ

検索
フィード

ページの上部に戻る