名古屋、春日井、一宮の注文住宅

ベーシック クォリティ

フルオーダー住宅の豊富なノウハウで、あなただけの家づくりをリーズナブルなコストでご提供いたします。

安心の基本性能
皆様にご安心いただける工法・性能を実現しております。

全棟ベーシック仕様として「長期優良住宅仕様」「低炭素住宅仕様」「ZEH対応としております。耐久性・耐震性・耐火性・省エネ 断熱性・遮音性・メンテナンス性のそれぞれにおいて高いパフォーマンスをお約束します。

基本性能の一部をご紹介します。

詳しくは資料請求をいただくか、モデルハウスでスタッフにお尋ねください。

高耐震性 耐震等級3相当

耐震構造(ハイブリッド在来軸組工法)

柱、梁、筋交い(柱と柱の間に斜めに入れる材)など、木の「軸」を組み立てて建物を支える日本の伝統的な工法を「在来軸組工法」といいます。構造材は木材の性質である「反り」や「ねじれ」などの発生しにくい構造用の乾燥材・集成材を用いることで万全な強度を確保しております。また、構造材を接合する部分には全ての箇所に構造用金物を用い接合することで非常に強固な耐震性を実現しております。さらに、高い耐震・防火性能を持ち、白蟻にも強い耐震ボード「DAIKEN ダイライト」を採用して耐震性能を上げています。

     

耐震構造(2×4工法)

木材で組まれた枠組みに構造用合板等を打ち付けた壁、床等で荷重を支える木造建築工法の一種。製材の呼称寸法が厚さ2 インチ、幅4インチであるためツーバイフォー(2×4)工法と呼ばれています。

  

高耐久性

ベタ基礎

基礎は耐久性・耐震性の強固なベタ基礎を採用しております。また、基礎下には防湿フィルムを施工し、地面の湿気を遮断します。使用するコンクリートは全棟コンクリート強度試験を行い強度の確認をしております。地盤に対しては地盤調査を行い、適切な地盤補強と共に、20年に渡る地盤保証をしております。長期優良住宅における基礎強度の仕様としております。

   

基礎パッキン全面通気工法

基礎と土台の間で基礎パッキンを挟み込み、全面より床下換気を行う工法を採用しています。これにより、床下環境の改善だけでなく、土台などの木材の乾燥を促進・維持ができシロアリが生息しにくい床下環境を実現します。また、基礎の欠損がないため、基礎強度をより高くすることができます。シロアリ対策としては床から1mの高さまで防蟻薬剤の塗布を行い、5年の保証をしております。

   

高断熱・省エネ性

Low-E複層ガラス・樹脂アルミ複合サッシ

全てのサッシにLow-E複層樹脂ガラス(断熱ペアガラス)を採用しております。ペアガラスが断熱効果を非常に高めるだけでなく、遮熱フィルムが夏涼しく冬温かい家を実現します。また、紫外線もカットするため、家具や建材を劣化させにくくしてくれます。

   

各種高性能断熱材・遮熱材

床下、外壁、屋根と家を囲む周囲全てに高性能断熱材を採用しております。断熱材の種類は多岐にわたりますが様々な、ライフスタイルコストに対応させていただけるようにご提案しております。また、遮熱材の施工も行っております。詳しくはスタッフへご確認ください。

   

高遮音性

防振吊木

2階の床梁に直接1階の天井を施工すると、太鼓のような構造となり音が1階に伝わりやすくなることがあります。特に足音などの重低音は梁などを伝わりやすいと言われています。それを防ぐため、2階の床梁から防振吊木にて1階の天井を吊ることで、1階に伝わる音を軽減する工法を採用しております。防振吊木は、床衝撃音の振動波を吸収する防振材(クロロプレンゴム)と振動に共振しにくい特殊な硝子繊維強化プラスチックが使われており、振動に伴う固体伝達音を最も効果的に遮断する働きが備わった材料です。

   

ロックウールマット施工

遮音性能をさらに高めるために、一階の天井裏スペースに55mmのロックウールマットを施工しております。ロックウールマットは、防音室などの吸音材として採用されている材料で、防振吊木に加え、遮音性を高めるために施工しております。また、ロックウールは高性能断熱材でもあり、階間の断熱効果を上げ、家の外部からの断熱に加え、内部の熱の流動も抑えることで暮らしやすい家としております。

   

高メンテナンス・高耐火性

ヘッダー配管

給水配管、給湯配管共にヘッダー工法を採用しています。配管をヘッダーと呼ばれる専用分岐器具を用い、直接設備機器へ直接接続しています。配管の分岐を減らし、メンテナンス性を向上する工法になります。また、長期優良住宅の基準を満たす工法です。

   

給排水管さや管工法

給水排水配管共に基礎の貫通部にさや管と呼ばれる配管を用い、その内部にフレキシブル配管をせこうする工法になります。この工法を用いることで、基礎に直接配管を埋設することがなくなり、基礎を傷めることなく配管を交換・メンテナンスすることができるようになります。こちらも長期優良住宅の基礎を満たす工法となります。


標準基礎

省令準耐火構造

省令準耐火構造を採用しております。火災時の延焼を抑え、万が一の際の被害を最小限に抑える構造となっております。ご家族に長く安心していただける住宅となっております。また、省令準耐火構造とすることで、火災保険上、コンクリート造の住宅と同等の「耐火構造」と認定されますので、ご加入いただく住宅火災保険に割引が適応されます。通常の木造建築物と比較し、半額近くの割引となり、安心だけでなく、経済的な建物となっております。(ご加入される保険会社により割引率は異なります。)